うずらの飼育でケースは必要?飼うときに必要なアイテムについて紹介

その可愛らしいつぶらな瞳と
コロンとしたフォルムが人気で、
最近はうずらをペットとして飼う方も
多くなってきています。

自分も飼ってみたいけどインコなどと
違ってどういった飼育環境が必要か
よく分からない…という方
少なくないのではないでしょうか?

今回はそんなあなたのために、
ケージは必要なのか?他にもどんなアイテムが
が必要になるのか?など
まとめてご紹介したいと思います!

うずらをお迎えしようか検討中の方は
是非参考にしてみてくださいね。


うずらの飼育をする際にケースは必要なの?

まずペットを飼うとなると、
飼うためのケースやケージが必要か?
という点が気になるかと思います。

うずらの場合も、結論からすると
ケースがあったほうが良いでしょう

うずらは普段は歩いていることが多い鳥ですが
飛ぶこともできますし、逃げ足も速いため
ケースやケージなどを用意したほうが良いです。

もちろん、充分な広さがあって鳥小屋など
ちゃんとした環境があれば外で放し飼いも
良いですが、基本的には室内飼いも
充分可能といえます。

雛のうちは幅30㎝ほどの水槽が
安価な割に頑丈ですし中も見やすいので
おすすめといえます。

成鳥になると鳥用のケージが良いでしょう

地面を歩くことが多いので、底の金網は
あらかじめ取り外してあげて使います。

また、うずらは1m飛び越えられるくらいの
ジャンプ力があるのでケージの天井は
衝撃を吸収できるクッション材として
タオルやスポンジを取り付けてあげましょう。

では、ケースやケージが準備できたところで
他にもどんなものが必要なのか
見ていきたいと思います!

うずらに飼育に必要なケース以外の7つのアイテムを紹介!

うずら飼育のためには、ケース以外にも
たくさん用意するものがあります。

とはいっても、アイテム自体は
珍しいものでもなく小動物を飼うときと
似ているので基本的にペットショップで
揃えることができます

それでは必要なアイテムを7つご紹介します。

1.砂遊び用の砂と容器

 

View this post on Instagram

 

うめ.さん(@pm1844.c)がシェアした投稿

まず、うずらの習性として「砂浴びが大好き」
ということを知っておきましょう

スズメなどが砂浴びしている姿を
見かけることがよくあるかもしれませんが、
小鳥は砂浴びすることで羽についた害虫を
落とす習性があります。

うずらはその砂浴びが大好きで、
清潔に保つだけでなくストレス発散も兼ねて
いるので砂浴びできる環境を用意しましょう

砂浴び用の砂は、ペットショップで売られている
「焼き砂」や「チンチラサンド」が清潔ですし、
うずらが食べても問題ないので適しています

こちらの動画では気持ちよさそうに
砂浴びをしている姫うずらちゃんが
見ることが出来ますよ!

砂を入れておく容器は、砂が飛び散っても
問題がないようにできるだけ
深さがあるものにしましょう。

といってもうずらは体が小さいので、
昆虫用のケースや深めのタッパーがあれば
充分でしょう

Sponsored Links

2.孵化器

 

View this post on Instagram

 

13coffeeさん(@fumihiko_abe)がシェアした投稿

もし卵から飼育を始める場合は
孵化器という専用の機械があると良いでしょう

孵化させるためには、一定の温度に温める
以外にも転卵という作業も必要です。

孵化器があればこういった転卵まで
自動でやってくれるので簡単ですし、
最近は情操教育として孵化器を使った
うずらの飼育をする方も多いようです

もし雛が生まれたらどうすればいい!?
とお困りの方はこちらの記事をご覧ください。

⇒うずらの飼育で卵が孵化した!雛が生まれた場合の対応はどうする?

3.餌

 

View this post on Instagram

 

ささきかおりさん(@sasakao1426)がシェアした投稿

飼育の際になにより大事なのは
うずらちゃんの食事ですよね。

餌はどういったものを用意すべきかというと、
ペットショップで購入できる
栄養バランスの優れたうずら専用の
餌を与えるようにしましょう

ただし、雛の場合はこちらの記事を参考に
用意してあげてくださいね♪

⇒うずらの雛の餌はどうする?赤ちゃんに与えるおすすめの食べ物!

もしメスであれば、主食の専用餌以外に
カルシウムの採れるカキの殻なども
混ぜて与えましょう。

これはメスは卵を産み続けるためで、
もしカルシウムが不足していると
体が弱り病気になりやすくなって
しまいますので注意しましょう。

4.餌や水を入れる容器

 

View this post on Instagram

 

愛宕山天狗さん(@atago10good)がシェアした投稿

餌が用意できたらそれを入れる容器も
必要になりますよね。

基本的にうずらが啄める程度の高さであれば
100均の容器やお皿で問題ありません

水入れは、ひっくり返して
水がかかってしまわないためにも
また汚れないようにするためにも
小さめの飲み口がある水入れが良いです。

特に雛の時は水をかぶると
冷えてしまって命を落としかねませんので
注意して水入れを選びましょう。

5.ペットヒーター

 

View this post on Instagram

 

ポポチャーン/popochahanさん(@popochahan)がシェアした投稿

ペット用の小型のヒーターがあれば
雛から成鳥までずっと使えて便利です

一番ポピュラーなのはヒヨコ電球といって
円柱型のペットヒーターで、
雛から育てる場合は必須アイテムなので
あらかじめ用意しておきましょう

成鳥の場合は、寒さの厳しくなる冬場に
ペットヒーターを設置してあげましょうね。

これもペットショップで様々な大きさの
ものが販売されているので
ケージに合わせて用意しましょう。

Sponsored Links

6.床材

 

View this post on Instagram

 

豚足カルビさん(@poyoncho240)がシェアした投稿

ほとんど地面を歩いて過ごすうずらのために
床材もちゃんと適したものを用意しましょう!

一番身近で用意できるのは新聞紙で、
その他はおがくずが適しています

雛の場合は、タオルや藁がやわらかく
大きすぎないのでおすすめです。

おがくずや藁も小動物飼育のためのものが
ペットショップで売られていますので
そちらをチェックしてみましょう。

7.消臭剤

 

View this post on Instagram

 

@maasa_777がシェアした投稿

最後に紹介するのは、
意外と忘れがちな消臭剤です。

臭いはそんなにきつくないですが
それでも動物独特の臭いはありますので、
例えばお客さんが来るときなど
気になる場合があるかと思います。

そういったときのためにも、
部屋についたニオイを取るために
消臭剤を用意しておくことをおすすめします。

ちなみに、一般的な消臭剤には動物に
害になる成分も多く含まれているため
ペット用の消臭剤を必ず使いましょうね。

それでは、アイテムが揃ったら
どういった注意をして飼育すれば
いいのでしょうか?

うずらを飼育する際に知っておきたい注意点とは?


出典 plaza.rakuten.co.jp/minosts/

うずらは雛も安価で手に入りますし、
卵も孵化器があれば比較的簡単に
孵化させることもできて手軽に
飼い始めやすい種類かもしれません

しかし、注意しなければならないのは
意外にも鳴き声が大きいと感じたり
大きくジャンプすることがあるという点です

特に集合住宅の場合は鳴き声には注意が必要で
場合によっては専用のアクリルケージを
用意しなければならないので、
飼う前にちゃんと考えてみましょうね。

まとめ

ということで、うずらの飼う際の
ケースと必要なアイテムをご紹介して
きましたが、参考になりましたか?

今回紹介したようなアイテムは
それぞれそこまで高価でもないですし、
いずれもペットショップで揃えられる
ようなものです。

そのため飼い始めるのは手軽ですが、
その後も元気に過ごしてもらうためにも
大事なのは毎日の掃除と餌の補充です

うずらが過ごす環境が清潔で快適であれば
その分長く一緒に過ごすことが出来ますので
本当に育てることが出来るのかしっかり考えて
うずらをお迎えしてくださいね

中には、外でのびのびと過ごしてほしい!
と思う方もいるかもしれませんので、
こちらもチェックしてみてください♪

⇒うずらの飼育は屋外でも可能なの?外で飼うときの注意点を解説!

今回の記事を第一歩にして、
お迎えする準備が出来たら
楽しいうずらライフを始めてくださいね!


うずら



佐川をフォローする
とりさんといっしょ