フクロウの首は回転する?何度まで回るのか徹底検証!【種類別】

人気のファンタジー映画に登場したり、
幸せを呼ぶ動物としても有名なフクロウ。

最近ではフクロウをペットとして飼う人も多く、
飼えない人もフクロウカフェなどの登場で
身近に触れ合えるようになりました。

そんなフクロウですが、
首が大きく回転する姿を見たことは
ありませんか?

フクロウは鳥類の中でも首の可動領域が広く、
周囲のほとんどを見渡せるといわれています。

フクロウの首がなぜそこまで回るのか
気になりますよね?

今回はフクロウの首が回転する秘密や、
その理由について紹介していきます。


フクロウの首はどうなってる?

フクロウは森の賢者とも呼ばれ、
夜の森の中を颯爽と飛び回り、
大きな瞳と首をかしげるような
姿が印象的な動物
でもあります。

そんなフクロウの動きを見ていると、
私たちが知っている動物以上に
首を傾けたり回したりする姿を
見たことがあるのではないでしょうか。

フクロウの首はどんな構造で
どうしてそんなに回るのか。

次の章からフクロウの首の
不思議について解説していきます。

フクロウの首の気になる構造を調べてみた

フクロウの首がものすごく回るのは、
人間などの哺乳類と構造が同じなのか
気になるところですが、
実際はどうなっているのでしょうか。

次の章からフクロウの首のヒミツについて、
詳しく解説していきましょう。

フクロウの首が回る理由は?

人間や他の哺乳類は、
フクロウと比べるとそこまで
首は回りません。

フクロウが人間より首が回るヒミツは、
首の構造の違いにあります。

人間や他の哺乳類の首の骨が7個なのに対し、
フクロウの首の骨はなんと14個もあります。

フクロウは人間などの哺乳類よりも
骨の数が多いおかげで、
可動できる範囲が広くなっているのです。

ちなみにフクロウだけでなく、
インコやオウムなども首の骨の数は
人間よりも多くなっています。

Sponsored Links

フクロウの首の可動域は?

フクロウの首は、
ぐるんと大きく回りますが、
実際に何度くらい回転するかご存知ですか?

実は左右に270度ずつ回転します。

これだけ大きく回ると、
首の血管が捻じれて詰まってしまいそうですが、
フクロウは血管も特殊な構造をしています。

人間を含む哺乳類は首の骨も少ないですが、
首を回すと血管が収縮してしまい、
脳や目に血液が行き渡らなくなってしまいます。

ですがアメリカの研究チームが、
自然死したフクロウの血管に
色素を流し込んだところ、
驚くべき血管の構造が明らかになりました。

フクロウの首の部分の血管は袋状になっていて、
一時的にそこに血液が溜まり、
首を回転させたときでも脳に血液がしっかりと
行き届くようになっていたのです。

この袋状の血管のおかげで、
首を大きく回しても普通に活動が
できるようになっています。

フクロウの首は360度回るの?

フクロウは他の動物と違って、
首が大きく回るヒミツを紹介してきましたが、
フクロウの首は左右に
それぞれに270度回転します。

動画や画像などを見ると、
360度くらい回っているように見えますが、
やはりフクロウでも
最大270度までしか回りません。

ですがほぼ全方向の視野を首を回すだけで
カバーできるフクロウは、
やはりすごいですよね!

フクロウは首をなぜ回すのか?


こちらはフクロウの首が回る様子を
撮影した動画です。

動画を見ても首をスムーズに回転させる
様子がよく分かりますね。

フクロウが首を回す理由は、
顔の構造にあります。

一般的な鳥類の目は
顔の側面に付いているのに対しています。

このおかげでサイドはもちろん、
前方と後方も確認することができるので、
そこまで首を回す必要がありません。

フクロウは人間と同じで目が正面に付いています。

そのため視界が約110度と狭く、
他の鳥と比べると不利なように感じますよね。

このハンデをカバーするために、
左右どちらにも270度回る首で
ほぼ360度しっかりと見渡すことが
できるようになっているのです。

ですがフクロウは正面に目があるおかげで、
両目で見える範囲が他の鳥より広く、
獲物の距離などを素早く正確に把握
します。

さらに首を回して多方向から見ることで、
確実に獲物を捕らえることができるのです。

またフクロウは耳の高さが左右で異なり、
音が耳に届くまでの時間に差があります。

この差をカバーするために首をぐるぐる回し、
暗闇でもネズミなどの小さな生き物が出す
わずかな音を聴き洩らすことなく、
しっかりと捕らえられる
ようにしているのです。

まとめ

今回はフクロウの首が回転する理由や、
大きく回転できる構造などを紹介
しました。

フクロウの首の骨は14個と
人間などの哺乳類よりも多いので、
左右で270度も回転できるようになっています。

また首近くの血管も袋状になっているので、
大きく回しても血液が行き届き、
血流が止まるのを防いでいる
のです。

さらに意外と知られていませんが、
フクロウは鳥の中でも足が長くなっています。
こちらの記事で気になる生態を紹介しています。
⇒フクロウの足が長いのは何故?気になる生態を徹底解説!【まとめ】

最近ではフクロウカフェなど、
身近に触れ合える場所も増えています。
ぜひ実際にフクロウが首を回すところを
見てみて
くださいね。


生態



藤岡 ゆきこをフォローする
とりさんといっしょ