インコの飼育にかかる費用!必要なものをジャンル別で紹介!

インコを飼おうと思ったとき、
まずはどんなインコを飼うか
種類や販売価格について調べると思います。

ですがインコの飼育には
インコ自体のほかにも、
ケージや餌代、保温のためのヒーターなど、
最低限揃の飼育道具が必要
です。

そこで今回は、
インコの飼育にかかる主な費用を
飼育道具別に紹介していきたいと思います。

インコを購入する前にこの記事を読んでおけば、
飼育にどのくらいの費用が必要なのかが、
一目瞭然
でわかります!


インコの飼育にはいくらかかるの?7つの費用をまとめてみた

まずインコを飼育するためには、
インコ自体のほかにも、
飼育するための道具が必要です。

ここではインコの飼育に必要な
基本の道具など7つの費用について
解説していきましょう。

1.インコ本体

まずは欠かせないインコですが、
大きさや種類によって価格は色々です。

おもなインコの価格帯ですが、

  • 小型インコは:2000塩~10000円前後
  • 中型インコは:7000円~20000円前後
  • 大型インコは:20万~30万前後

となります。

インコの大きさによって
飼育ケージの大きさが決まるので、
まずは飼いたいインコの大きさを
よく調べておくのがおすすめ
です。

まずはどんなインコの種類がいるのか
こちらの記事で人気のインコの種類を
紹介しています。
⇒インコの種類一覧!性格や飼いやすいペットのおすすめは?

2.ケージ


飼いたいインコが決まったら
次はケージです。

ケージも大きさによって価格が変わり、
大体3000円~5000円前後で購入できます。

ほとんどのケージに止まり木や
エサ入れ・水入れが付属されているので、
これにプラスして必要なものを
買い揃えていきます。

選ぶ大きさの目安ですが一辺の大きさが、

  • 小型インコで:35cm以上
  • 中型インコで:45cm以上
  • 大型インコで:50cm以上

になります。

レイアウト次第では狭くなってしまい、
インコのストレスにもなることがあるので、
大きめサイズを選ぶのがおすすめです。

またセキセイインコやオカメインコなどの
雛鳥をお迎えした場合は、
昆虫飼育にも使われる
ちょっと大きめのプラケースで
しばらくは育てることになります。

プラケースは大体1000円か~2000円前後で
販売されています。
こちらも忘れずに準備するようにしましょう。

3.給餌用品

もしお迎えするインコが雛の場合、
数時間おきに挿し餌と呼ばれる、
人工的に給餌してあげる必要があります。

給餌用品はだいたい
200円~1000円前後で販売されています。

挿し餌はインコが自分で
エサを食べれるようになるまでの
期間だけなので、
ペットショップで
挿し餌卒業などと書かれている場合は、
インコが一人でエサを食べれる状態なので、
この道具も必要ありません。

販売されているインコの説明に
特に記載がない場合は、
店員に挿し餌が終わっているか
しっかりと聞いておきましょう。

4.エサ

エサはインコが生きていくのに
必要不可欠なものです。

基本的にはシード食と呼ばれる、
アワやヒエなどがブレンドされてものを
与えるようにします。

価格は容量にもよりますが、
300円~2000円前後で売られています。

シードは天然のものなので、
夏場などの高温多湿な場所に置いておくと、
虫がわくなど、衛生面でもよくありません。

できれば少量ずつ定期的に購入するか、
冷暗所や冷蔵庫など涼しい場所で
保管する
ようにしてください。

またシードの他にも、
インコに必要な栄養をバランスよく配合した、
ペレットタイプのエサもあります。

より健康に気を使いたい場合は、
こちらのペレット食もおすすめですが、
慣れるまで時間がかかったり、
メーカー廃盤により
途中で入手困難になることがあります。

廃盤によって他のペレットに一から慣らすなど、
大変な面もあるので、シード食を主食として、
ペレットは補助的な役割で
与えるとよいでしょう。

ペレットは、
1000円~3000円前後で購入が可能です。

Sponsored Links

5.保温用品

インコは暖かな地域原産の種類が多く、
氷点下にまで下がる日本の冬は、
そのままでは越すことができません。

インコの快適な温度は種類にもよりますが、
20℃~28℃前後といわれています。

ケージが置いてある部屋が
この温度を下回るようなら、
保温するためのアイテムを
設置してあげましょう。

保温には、

  • 保温電球タイプ
  • パネルヒータータイプ

があります。

価格は3000円~6000円前後です。

温度の上がり過ぎや節電のために、
サーモスタットと温度計を
併用するのがおすすめ
です。

保温についてもっと知りたい人は、
こちらの記事も参考にしてみてください。
⇒インコの保温方法!色んな温め方や裏技を大公開!【まとめ】

6.ケージカバー

#ケージカバー #おやすみカバー . . 🐤「かんちゃん、ありがとう!」 . 👩‍🌾「市販のって、値段それなりにするのに 柄が好みのがなくてさぁ」 …と、友だち @k_h0123t にお願いして ケージカバーを作ってもらいました(๑˃̵ᴗ˂̵) さっき初めてリポストしてみたんですが、複数枚はリポスト出来ないのかしら❓ 色んな角度からの写真がうまくリポスト出来てなかったので 上から見た図も撮ってみました( ⁰⊖⁰) (3枚目、右上) . 一緒に手芸やさん行って生地を選んで ヒトメボレした… 訳ではなく、ことり柄の生地、何種類かですごーく悩み悩んで選んだ柄ですが このナゾ〜な感じのことり…やっぱりイイねイイね😂 裏地は通気性も良いからとのことで かんちゃんのオススメで 使っていなかったバスタオルが生まれ変わり♨︎ . ウチに来てから 🐤「ねるときは 100円ショップのペラペラテーブルクロスと、 使いふるしブランケットでキマリだね!」 …な、生活をしていたぶん太だけど、 きっと彼も気に入ってくれていて 今もこのカバーでおやすみ中💤💤 オンリーワンの、ぶん太用カバー。大事に使おう♡ #文鳥ぶん太くん #javasparrow #文鳥#buncho #文鳥株式会社福井支店

Misato&Buntaさん(@misatomichiba)がシェアした投稿 –


ケージカバーは、
暗くしてインコの睡眠を促すのと、
冬場は保温目的も兼ねています。

価格は1000円~3000円前後で、
ケージメーカーから専用のカバーも
販売されています。

また専用のカバーでなくても、
ブランケットや大判のタオルなどでも
代用が可能
です。

既製のカバーではサイズが合わない場合は、
手作りのカバーで対応してあげましょう。

7.おもちゃ

おもちゃはインコがケージ内で遊んだり、
放鳥時に遊んだりするものがあります。

価格は300円~2000前後です。

おもちゃはインコが留守番時など、
ストレスを発散するのにも大切なもの
です。

ケージ内のおもちゃは退屈しないよう、
複数のものをローテーションで
変えてあげる
ようにしましょう。

こちらの記事では、
おすすめのおもちゃも紹介しています。
⇒インコのおもちゃおすすめ10選!通販や100均などから紹介!

まとめ

こちらの動画では、
インコを飼う際の初期費用について、
詳しく紹介されています。

インコを飼うための基本的な7つの飼育道具と
それぞれの費用
について紹介してきました。

インコを飼うにはインコ本体の他にも、
快適に過ごしてもらうための飼育道具が
必要になってきます。

またインコの種類によっては、
長生きな種類もいるので、
最後まで責任を持って
お世話をする覚悟が必要
です。

お迎えしたインコと楽しく暮らせるように
ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。


飼い方飼育用品



藤岡 ゆきこをフォローする
とりさんといっしょ