鶏の種類や卵はどれくらいある?鳥の特徴についてタイプ別で解説!

誰もが知っている鳥の鶏ですが、
あなたはどんな姿を想像しますか?

一般的にイラストなどで
「真っ白い体に赤いとさか」といった姿が
描かれることが多いので、そんな
イメージを持たれる方が多いと思います。

ですが、実は同じ鶏でも
様々な特徴を持ったたくさんの種類があり
ちゃんとそれぞれカッコいい名前もあるんです!

では一体、鶏は何種類くらいいるんでしょう?
また、卵にも違いはあるんでしょうか?

今回はそんな様々な鶏の種類を、
それぞれの特徴や卵をタイプ別にご紹介します!

鳥好きとしてはマメ知識として
是非知っておいてくださいね♪


鶏と卵の8つの種類とは?鳥の特徴についても解説!

鶏の種類というと、大きく8種類あります。

それでは、その8種類にどんな違いがあるか
それぞれの特徴も併せてご紹介します!

あなたが見たことのある鶏がいるか、
思い返しながら見てみてくださいね。

1.レグホーン(白い卵)

 

View this post on Instagram

 

Satoshi Yamadaさん(@satoshiyamada1224)がシェアした投稿

最初にご紹介するのは、まさに鶏!という
外見が特徴のレグホーンです。

最も一般的な鶏で見たことがある方も
多いかと思います。

イタリア原産でアメリカで品種改良がなされ
その卵はキレイな真っ白で、
現在も日本で流通する80%の食用卵がこの
レグホーンの卵といわれています

主に採卵用として飼育されており、
卵を産むことが目的のため肉は少なく
皮と骨が多いため一層採卵に向いています。

採卵目的の他にも一般家庭のペットとして
飼われていることもあります

2.もみじ(赤い卵)


出典 www.rakuten.co.jp/

続いては「もみじ」という和風な名前
純国産の鶏をご紹介します。

最初は岐阜県の後藤孵卵場で作られた種類で、
病気への抵抗性が強く、体が赤褐色の鶏です。

その卵もまたきれいな赤褐色で、
殻が丈夫で形も美しく、
そして黄身が大きいのが特徴です。

少々高価なので贈り物にもされたり
ふるさと納税の商品でも扱われています

このもみじと同じ後藤孵卵場で開発された
さくらという種類も続けてご紹介!

Sponsored Links

3.さくら(さくら色の卵)


出典 blog.livedoor.jp/ryoukan_diy/

こちらも後藤孵卵場で開発された
「さくら」という可愛らしい名前の種類の鶏

もみじと同様に純国産の種類で、
こちらも鶏の病気の抵抗性が強く
見た目も同じように赤褐色の鶏です。

また卵の殻も丈夫で、卵の色は淡いピンクの桜色
ということで形も色も美しい卵で有名です

卵自体は黄身も大きく白身もきめ細かく泡立ち、
多くのシェフやパティシエから
絶大な支持を得ています。

さて、これらは比較的高級志向の
赤褐色の卵ですが、ではスーパーで売られる
赤い卵はなんの種類が一番多いんでしょう?

4.ボリスブラウン(赤い卵)

 

View this post on Instagram

 

satoko🍊さん(@strawberry23sato)がシェアした投稿

スーパーに置いてある赤色の卵の多くは
「ボリスブラウン」という鶏のものです

卵のパックにもよく見てみると記載されている
こともあり、やさしい味が好まれています。

見た目は赤褐色というより茶色に近く、
人懐っこい性格や流通の多さから一般家庭でも
飼われることのある種類ですね

5.会津地鶏(赤い卵)

 

View this post on Instagram

 

居酒屋 やすしさん(@yasusi0606)がシェアした投稿

今度はご当地グルメの食材として
卵も鶏肉もどちらも人気の「会津地鶏」です

会津地鶏ということで、福島県の会津生まれの
日本三大地鶏の一つで知られる種類です。

見た目は他の鶏に比べて少し変わっていて、
頭部~首にかけてが白く、あとは茶色や
黒の羽のまだら模様でカッコいい印象です!

卵の見た目は赤色で通常の種類に比べて
半分程しか生みませんがその分、
濃厚な味わいが感じられる卵として
様々なこだわり料理で使われているようです

地元会津はラーメンも有名なので、
その鶏油としても取り入れられて
地元からも愛される鶏といえますね♪

6.アローカナ(水色の卵)

 

View this post on Instagram

 

ryo.se.to. mom🇯🇵さん(@ryo.se.to.mom)がシェアした投稿

ここで変わり種の種類で、
アローカナという名前の鶏です

南米原産の鶏で黒と茶色の体なんですが、
なんと水色の卵を産むということで
その珍しさからSNSでも話題になっています

純粋種は産卵数が少ないため、
レグホーンと交配した交雑種が産んだ
水色の卵が多く市場に出回っています。

しかし、味もコク深く、
卵かけご飯として食べると

最高に美味しいと人気でもあります

Sponsored Links

7.烏骨鶏(薄赤の卵)

 

View this post on Instagram

 

Masahiko Babaさん(@masahikobb)がシェアした投稿

こちらはもしかすると聞いたことがある
もしくは見たことがある方も多い種類の
「烏骨鶏(うこっけい)」です

他の一般的な鶏に比べて大きめな体で
羽毛はモサモサで真っ白、その他の皮や嘴などが
黒く印象的な見た目です。

中国が原産地とされていますが、
その卵はとても栄養価が高い上、
産卵数が少ないのでお値段も相応…

高級卵のイメージも強いですが、
最近はペットとして一般家庭で飼われることも
多いようで、こちらの動画でも名前を呼んだら
走って来るほど懐いているのが分かります!

モサモサの前髪(羽?)を揺らしながら
ダッシュして戻ってくるのが可愛いですね♪

8.岡崎おうはん(赤い卵)

 

View this post on Instagram

 

おとたま・きぃくらさん(@keystone_gojo)がシェアした投稿

最後にご紹介するのは比較的珍しい
「岡崎おうはん」という鶏です

愛知県岡崎市で生まれた純国産種で、
印象的で美しい見た目と美味しい卵が
人気となっているんです。

外見は黒に白のさざ波模様で
真っ赤なとさかがワンポイントになって
オシャレでエレガントな風貌が魅力

そしてなんといっても、
通常の鶏の卵よりも大きくぷっくりと
立体的な濃厚な黄身が上品ながら美味と
評判なんです!

料亭や割烹料理店などの高級志向の
食材としても活躍しているようです。

まとめ

ということで、以上が鶏の代表的な
8種類のご紹介でした!

それぞれ、羽の色や卵の色、
原産地や産卵数など特徴があって
どれも愛される鶏たちです

たくさんの年月と苦労があってやっと
こういった種類が誕生しているので
感謝を忘れずにしたいですね。

卵やお肉が我々の糧になるだけでなく
愛くるしさもあって
筆者も将来は広い土地で鶏家族を
育ててみたいものです…

もし鶏をお家で飼うことになった場合、
卵の孵化で慌てないようにこちらもぜひ
チェックしてみてくださいね!

⇒鶏の飼育で卵が生まれたら?産卵したときに知っておきたい注意点!

今後はスーパーなどでも
なんとなく買うのではなく
種類や生産地などに目を凝らしてみて
楽しんでみてくださいね♪




佐川をフォローする
とりさんといっしょ