文鳥の爪切り!病院とペットショップどっちがいいの?

小鳥の爪切りは小さくて神経使うし
嫌がられるので自宅でやりたくない…

という時は、解決策として
動物病院かペットショップの爪切りサービスを
利用する方も多いかと思います。

しかし、病院とペットショップでは
同じ爪切りでも一体どんな違いがあって
どちらのほうが良いのでしょうか?

自分では出来ないにしても、
やっぱり安心して愛鳥を託せるほうに
お願いしたいと思うのが飼い主ですよね。

今回は、動物病院とペットショップの
爪切りサービスの違いを比較解説いたします!

是非参考にしてみて自分が合うと思う
お店でお願いしてみてくださいね。


文鳥の爪切り!ペットショップの場合


出典 bcy.jp/

さて、まずはペットショップを
見てみましょう。

犬猫の他、ウサギ、フェレットなどの
小動物なども爪切りサービスがあり、
小鳥を扱うところであれば文鳥も
爪切りサービスをやっている場合があります

大抵の場合は、文鳥をお迎えした
ペットショップにお世話になることが
多いかと思います。

最初に購入する際に爪切りサービスについて
確認しておくのをおすすめします

また、個人で経営されているような
小鳥専門店の場合は爪切りサービスを
している可能性が高いので要チェックです。

専門店であれば店員さんも
獣医さんではないにしろ、
知識や経験も豊富ですし
安心してお任せできますね

しかも中には無料でやってくれる良心的な
お店もあるので事前に調べてみましょう。

文鳥の爪切り!病院の場合

 

View this post on Instagram

 

橘 久利子さん(@kuripon.ameli)がシェアした投稿

では続いて、動物病院はどうでしょうか。

小鳥を対象にしているところであれば
爪切りサービスをしてくれるところが
多くある印象です。

ホームページなどを見ると、
『爪切りやっています!』と明記してくれて
いることが多いので、事前に調べて
文鳥もやってもらえるか相談してみましょう。

こちらの動画はまさに病院で先生に
爪を切ってもらっているところなので
参考になりますね。

いずれにしても、定期健診などで
今後も病院にはお世話になるので
罹りつけのお医者さんは予め
見つけておきましょうね^^

Sponsored Links

文鳥の爪切りの料金&保証!それぞれ比較してみた

ペットショップなどの販売店と、
医療特化の動物病院では
料金などにどんな違いがあるのでしょうか?

簡単に比較をしてみました。

料金メリット
ペットショップ・販売店無料~約500円・無料でやってくれるところもある
動物病院約500~800円ほど・獣医さんの確かな技術
・予約ができるので計画的

いずれも大きな差はないにしても、
料金はやはりペットショップのほうが
かからない場合が多いでしょう。

病院の場合は、初診代や診察代が
別途かかることもあるので、
爪切りをお願いするとしたら定期健診に
合わせると良いかもしれませんね

一方で、ペットショップは混雑時だと
やってくれない場合があったり
確約が取れない部分があります

また、獣医さんではないので
ちょっと心配に思う方もいるかもしれませんね。

それでもやっぱり費用がかかるなら
自分でやってみようかな…?というあなたに
自宅でやるメリット&デメリットを
ご紹介したいと思います!

文鳥の爪切りはハサミで出来る?自宅のメリット&デメリット

 

View this post on Instagram

 

miamiaさん(@miamiajapan003)がシェアした投稿

ハサミではさすがに心もとないですが、
人間用の普通の爪切りさえあれば
自宅でも文鳥の爪切りは可能です

それでは自宅で爪切りをする場合の
メリット&デメリットも見てみて、
どこで爪切りをするべきか
あらためて考えてみましょう

それではまずメリットから見てみましょう。

  • 費用がかからない
  • 移動のストレスがかからない
  • 気付いたときにすぐ切ってあげられる

やはり定期的に必要なことなので、
病院や有料のペットショップだと
少しずつですが出費がかさみます

また病院までの移動というのも、
真夏や真冬は却って体力を奪いますので
出来るだけ避けたいですね

それではデメリットはなんでしょうか。

  • 慣れるまでが大変
  • 手や飼い主が苦手になる可能性がある
  • 万が一出血した際の応急処置が必要

爪切りは最初のうちは飼い主側も
慣れないですしお互いに体力を使います。

また、出血してしまったときは焦らずに
かつ迅速な止血ができるようにしておかないと
危険な状態になるリスクがありますので
事前の準備は怠らないようにしましょう。

また、嫌なことをされている!と思い
手乗りだった子が爪切りが怖くて
飼い主を警戒するようになってしまうことも…

少しでも手を怖がることがなくなるように、
タオルを被せて保定するのがおすすめなので
こちらもチェックしてみてくださいね。

⇒文鳥の爪切りにタオルは必須?保定のコツと暴れる原因とは

まとめ

文鳥の爪切り、病院とペットショップで
どちらが良いのか比較してみましたが
いかがでしたでしょうか?

コストこそかかりますが、
確実に安全に爪切りをさせたい方や
自分ではちょっと不安な方は、
病院でお願いするのが良いでしょう。

もう少し気軽に安く爪切りをさせたい場合は、
ペットショップや販売店をまずは
当たってみてもいいかもしれませんね。

もしくは自分でやれるようにして、
いつでも気付いたときにすぐ爪を
切ってあげられるようにするのも良いでしょう

爪の伸びにも個体差はありますが、
全くしないのも問題なのでこちらの記事も
読んで必要性を知っておきましょう!

⇒文鳥の爪切りをしないのはNG?必要な理由をまとめてみた

いずれも正解や不正解はありませんので、
自分や愛鳥に合った方法で
爪切りをしてあげることが大事です

これから長く続く愛鳥との生活の中で
爪切りは必要になることなので、
どのようにするかを考えてあげてくださいね♪


飼い方



佐川をフォローする
とりさんといっしょ