文鳥の爪切りをしないのはNG?必要な理由をまとめてみた

文鳥などの小鳥を飼っていると
避けては通れないのが爪切りですよね。

でも嫌がって暴れたり、
手を嫌いになるきっかけになるので
あまり気が進まない方も
多いのではないでしょうか?

かくいう筆者も、爪切りが苦手で
毎回重い腰を上げてやっていました…

爪切りはなんでしなくちゃいけないの?
別にしなくても問題ないのでは?

と思ったあなたのために、
今回は爪切りの必要性を
解説したいと思います!


文鳥の爪切りは必要ない?


出典 blog.goo.ne.jp/kirakira15bn

早速ですが、爪切りは本当に
必要があるんでしょうか?

では仮に爪を切らずに
伸ばしっぱなしにした場合、
どんなことが起こるか見てみましょう

  • 自分の体を足で掻きづらくなる
  • ケージでひっかかりやすくなる
  • 放鳥時にカーペットや髪の毛が絡まる
  • 歩きづらくなる
  • 爪が折れやすくなり出血の危険がある

結論からいうと、爪がひっかかるため
文鳥や飼い主がケガをしてしまう確率が
グンと上がってしまいます

文鳥の爪には途中まで血管が通っていて
爪切りの際はその血管より
数ミリ離れた部分を切りますよね。

もし気付かないところで
爪が折れてしまってこの血管から
出血してしまったら止血ができずに
命を落とす危険も十分あるんです

こういったケガの危険から守るためにも
爪切りは必要といえます。

野生の小鳥と同じように、毎日自然の木に
止まっていれば自然と削れていきますが、
ケージの中ではそうもいきません。

ただし、伸びるスピードを
抑える工夫はできます。

爪切りの頻度を下げたい場合は、
止まり木を自然素材のものにするという
方法もありますので参考にしてみてくださいね

しかし、あんなに文鳥も嫌がることなので
飼い主が嫌われてしまわないか心配ですよね?

文鳥に爪切りで嫌われることはないの?

 

View this post on Instagram

 

harukasさん(@harukas2001)がシェアした投稿

正直いうと、爪切りによって飼い主が
嫌われる可能性はゼロではありません

しかしあくまで荒く扱ったり、
ケガをさせてしまわない限りはすぐに
嫌いになることはありません。

爪切りに限らず、乱暴に握ったり
危害を加えられれば文鳥は敵とみなします

なので保定する必要がある場合でも
極力素手ではなく、タオルなどで手を隠して
保定するのが一番安心かもしれません。

爪切りがきっかけで、人の手や飼い主を
恐がり警戒して手乗りじゃなくなってしまう
そんな悲しいことがないように正しい
やり方をしっかり学んでおく必要があります。

では、どのくらいの頻度が適切なのでしょうか?

文鳥の爪切りの頻度の目安は?

 

View this post on Instagram

 

りんさん(@rin_buncho)がシェアした投稿

爪の伸びるスピードにも個体差があるので
一概にはこのくらいとは言えませんが、
通常は半年に1回ほどとみておきましょう

もし爪が伸びるのが早い子だったり、
放鳥をしないような子だと、
2~3ヶ月くらいに1回、定期的に
爪を切ると良いといわれています。

また、期間だけではなく、
見た目でも切り時は見分けられます

もし止まり木に止まっていて
爪が浮いていたり、
血管の透けて見えるところから
3~5mmくらいになったら切りましょう

続いては、切り時になったときに
用意すべき爪切り道具の紹介です!

Sponsored Links

文鳥の爪切りの道具!何が必要?


出典 www.odagawa.net/

爪切りの準備をしよう!と思って
あなたは何を用意しますか?

一般的に自宅で爪切りをするときは、
以下のようなアイテムを用意しましょう。

爪切り道具爪切り(鳥用のクリッパー)
中くらいのタオル
※非常時用の小麦粉少々

これを見て「え!小麦粉!?」と
驚いた方もいるかもしれませんが、
実は万が一出血したときに便利な
止血剤代わりのアイテムなんです

また、中くらいのタオルと書きましたが
これは保定するときにとても使える
必須アイテムになります!

保定が苦手な筆者もタオルを使っていたので
是非こちらの記事で詳細を見てみてくださいね。

⇒文鳥の爪切りにタオルは必須?保定のコツと暴れる原因とは

文鳥の爪切りはいつから可能?時期を間違えると危険?

 

View this post on Instagram

 

@nigricostaがシェアした投稿

爪切りを始めるタイミングは、
月齢では特別決まってはいません。

爪の伸びるスピードも個々で異なり
また止まり木の素材や生活環境にも
左右されるためです。

ただし飼育本などでは3歳頃から必要になる
子が多いという説もあります

いずれにしても、伸びているようだったり
よく爪がひっかかって危なそうであれば
爪切りをしても良いかと思います。

ただし、爪切りをする時期として、
体力を消耗していてイライラしやすい
換羽の時期は避けた方が良いでしょう

万が一ケガをしてしまった場合に、
治癒力も低下しているので
若干リスクが高いと思われます。

換羽じゃなくても爪切りはいつでも
怒って嫌がる!という場合は
どうしたらいいのでしょうか…?

文鳥が爪切りで怒る!大人しくさせる方法は?

 

View this post on Instagram

 

▪️◽︎すあま◽︎▪️さん(@suama620suama)がシェアした投稿

爪切りが好きな文鳥はまずいないと
考えて良いと思うほど、
文鳥にとっては嫌なイベントです^^;

多くは怒ったり怖がって暴れるので、
しっかり保定するのも一苦労…

そんなときに便利なのは、
爪切り道具でも紹介したタオルです!

タオルを被せて保定すれば視界が奪われて
爪切りへの恐怖がごまかされます(笑)

最初から爪切りが見えていたら
気付いて警戒してしまうので、
いつもの放鳥の流れの中でタオルを使って保定し
爪切りを隠し持っておきましょう

その肝心の爪切りなんですが、
実は人間用のものでも問題ないって
ご存知でしたか?

Sponsored Links

文鳥の爪切りは人間用でもOKって本当?


出典 shirobunpipi.blog.fc2.com/

文鳥などの小鳥の爪切り用に
クリッパーという道具があり、
専用のものなので安心して爪が切れます。

ですが、もし手に入らなければ
人間用の爪切りでも実はOKなんです

小さめのものであれば十分ですし、
実際に筆者も人用の小振りな爪切りを
使ってやってあげていました

こちらの動画の文鳥ちゃんは
大人しくイイ子に爪切りされていますが、
飼い主さんは人間用の爪切りを使っていますね。

ただしクリッパーに比べて刃も大きく
細かい作業がしづらいため
不安な方はペットショップなどで
クリッパーを探してみましょうね。

まとめ

以上が文鳥の爪切りの必要性と注意点でした。

人間も爪を伸ばしたままだと不便だったり
ケガの原因になってしまうのと同様に、
文鳥も爪が長すぎるのは不便です

しかも自然界とは違ってなかなか
爪がいい塩梅に削れる環境ではないので
飼い主のあなたが気付いたときに
切ってあげるほかありません。

とはいえ、動物病院やペットショップでも
多少の費用こそかかれど確かな技術で
爪をあっという間に切ってくれるので、
どうしても心配であればお願いしましょう

もし自分で切る!という場合でも、
決して不安気だったり慌てたり
しないようにしましょう。

そういった飼い主の感情を察知して、
文鳥が余計に不安になって暴れる
可能性も高くなります

万が一出血してしまっても、
落ち着いて冷静に処置してあげれば
文鳥も安心できますので
事前にこちらもチェックしておきましょう。

⇒文鳥の爪切り!血が出たときの5つの対処法まとめ

文鳥の爪からは体調なども分かるので
曲がったり伸びが早かったりしないか
日々注意深く見てあげてくださいね

愛鳥と一緒に健康でケガのない
ステキな文鳥ライフを送れますように♪


ランキング飼い方



佐川をフォローする
とりさんといっしょ