文鳥の種類を性格別で!おすすめ一覧を値段別に紹介!【5選】

「最近文鳥が気になっていて
飼い始めようかな~…」
と考えている方は少なくないはず。

SNSでも可愛い文鳥ちゃんたちが
たくさん見れますが、
その色も様々だったりしませんか?

同じ文鳥でもいくつか種類があって
しかも種類によって値段に違いがあるんです

今回は文鳥の種類を、
それぞれの特徴や値段を併せて
まとめてご紹介します!

気になるあの子がなんていう種類の
文鳥なのか知れる機会ですし、
これからお迎えする方は選ぶ際の
参考に見てみてくださいね♪


文鳥①ノーマル

まずは文鳥の基本となる野生の姿の
ノーマルについて解説いたします

文鳥といえばまずこの姿を想像する方も
多いかと思いますが、
黒・白・グレーの特徴的な体の色と
鮮やかな赤い嘴が印象的です

昔は野生の文鳥も輸入していましたが、
現在はワシントン条約によって守られていて
国内で原種に近いカラーのものが
繁殖されています。

繁殖が簡単な種類なので売られている値段も
1500~2000円と文鳥の中で最も安いです。

野生に最も近いので体は丈夫な子が多く、
初心者の方は育てやすい種類ですが、
気が強い子が多いという話もあります

ちなみに、ハワイでは野生の文鳥がよく見られ、
こちらの動画の2分頃でも見れるように
手から直接餌を食べるくらい
人に慣れているのがわかります!

それでは続いてご紹介するのは、
こちらも飼っている方が多い「桜文鳥」です。

文鳥②桜文鳥

 

View this post on Instagram

 

ぷーさん(@pooh_grm)がシェアした投稿

こちらの桜文鳥も見た目はほぼノーマルと
差異はないため混同されがちですが、
ノーマルよりも白いぼかしがあったり
パイド(斑)模様だったりします

白い斑が桜の花びらのようなので、
桜文鳥と名付けられたとも言われていて
模様のバリエーションも豊かです

こちらもノーマルに近い種類のため丈夫で
その分繁殖数も多いため値段も
2000~3600円ほどとお手頃です。

文鳥③白文鳥

 

View this post on Instagram

 

CYCOさん(@nice_n_groovy)がシェアした投稿

続いても定番カラーとして
人気の高い種類の白文鳥のご紹介です。

その真っ白でツルツルなお餅のような
美しい体に赤いくちばしが映えて
とっても可愛らしい見た目で人気です。

実は白文鳥は日本生まれの種類で
比較的手に入れやすく、
桜文鳥に次いで丈夫なのも特徴です

値段も文鳥の中では安価なほうで、
2500~3600円程のことが多いので
初心者の方にも人気のようです。

さて、ここまでは比較的ベーシックな
種類を紹介してきましたが
次からはちょっと変わり種の紹介です!

Sponsored Links

文鳥④シナモン

 

View this post on Instagram

 

@himedaka_medakaがシェアした投稿

桜文鳥や白文鳥ほどではありませんが、
こちらも人気の高いシナモン文鳥です♪

柄は桜文鳥と同じですが、全体的に薄茶色で
やわらかい優しい色合いが特徴の文鳥です!

メラニン色素が欠落したアルビノの一種なので
丈夫さでは桜文鳥や白文鳥に劣りますが
種類として確立はしているためそこまで
心配することはないでしょう。

白文鳥などに比べて比較的新しい種類で、
希少価値も若干高いため値段も
5000~6500円ほどと少し高めになります。

文鳥⑤シルバー文鳥

 

View this post on Instagram

 

@pipi.birdがシェアした投稿

最後にご紹介するのは、
珍しいシルバー文鳥という種類です。

シナモン文鳥が全体が薄い茶色だったのに対して
こちらはその名の通り、全体的に銀灰色で
上品なイメージのシルバー文鳥

最近は人気が高くなってきてSNSでも
よく見るようになってきましたが、
まだまだ認知度は低いかもしれません。

同じシルバー文鳥でも個体によって
シルバーの濃さも違って、
個性が出るのも魅力的ですね!

希少度が最も高い種類のため流通も少なく
その分値段も5000~9700円ほど
高くなってしまうのが難点です…

それでもこの美しくエレガントな姿に
惚れてしまう方が多いのも頷けちゃいますね。

まとめ

文鳥と一言でいっても見た目の違いや値段にも
差が出てくることが分かりましたね。

小鳥を飼ったことがない方であれば、
比較的丈夫で入荷も多い
桜文鳥や白文鳥がおすすめです!

ちょっと変わった個性が強い子が良ければ
シナモン文鳥やシルバー文鳥を
探してみることをおすすめします♪

また、性格も種類によって違うかというと
実はそんなことはありません

一番顕著に性格に違いが出るのは、
性別によるものがほとんどで、
オスは人懐っこく歌や踊りが好きで、
メスは大人しめでやや警戒心強めです

とはいっても個体差もありますので、
一概に種類や性別だけでは
どんな子なのかは判断できないことも
予め知っておきましょうね。

結局どの種類の文鳥が良いか分からない!
と迷ってしまうのであれば、
実際に見てみるのが一番ですよ

こちらの記事では東京にある文鳥を
取り扱っているお店を紹介しているので
近い方は参考にしてみてくださいね。

⇒文鳥の販売!東京のペットショップ5選【まとめ】

そして無事に愛鳥と出会えたら、
ステキなレイアウトのお家で
楽しく快適な生活を送らせてあげましょう!

⇒文鳥のケージのレイアウト!おしゃれに変えるおすすめアイテム5選!

あなたがどんな種類の文鳥を選ぶにしても、
素敵な出会いがあることを祈っています♪


生態



佐川をフォローする
とりさんといっしょ