文鳥の雛の値段!販売の時期で変わるって本当?【徹底検証】

ペットショップに行くと可愛い声で鳴いている
小鳥の雛を見かけますよね。

実は時期によって入荷数や価格も違うって
ご存知でしたか?

筆者の場合は春先にペットショップへ
雛をお迎えしに行ったことがあります。

文鳥の雛を飼おうと思うけれど
買う時期によって値段は変わるの?
なんで違いがあるの?

とお思いの方も多いかもしれませんね。

今回は文鳥の雛の値段と時期による違いを
徹底解説したいと思います!

雛をお迎えに行く前にまずはこちらを
ご一読くださいね♪


文鳥の雛の値段は時期で変わる?


出典 bcy.jp/

文鳥の雛の値段は本当に時期によって
変わってくるのでしょうか?

通常、文鳥の雛は2000~3500円くらいで
販売されていることが多いです。

しかし実は、一概には言えませんが
春や秋は多少値段が下がっている
お店もあるようです

これは、春や秋が文鳥にとって
繁殖シーズンであるため入荷する雛の数も多く
市場が潤っていて価格も下がる傾向があるとか

しかしあくまで傾向があるだけで
必ずしも安くなっているとは限りませんので
事前に調べておくのも良いかもしれません。

また、文鳥の雛もすべてが同じ
値段というわけではなく、種類によって
変わってくるのは知っていますか?

文鳥の値段は種類で変わる?

 

View this post on Instagram

 

marron171さん(@marron171)がシェアした投稿

ご存知かもしれませんが、文鳥には
一般的な白文鳥、桜文鳥の他にも
シナモン文鳥やシルバー文鳥といった
少し変わった色の種類の子もいます

前の章で一般的な雛の値段と言ったのは
流通も多い白文鳥と桜文鳥の2種についてで、
実はシナモンやシルバーは価格も上がるんです!

種類価格帯特徴
桜文鳥約2000~3500円文鳥の中でも一番オーソドックスで
ノーマルに近い種類で一番丈夫。
黒とグレーと白の羽に赤い嘴がキレイ。
白文鳥約2500~3500円桜文鳥の次にポピュラー。
実は突然変異で生まれた種類ですが、
真っ白で艶やかな羽で可愛らしい。
シナモン文鳥約5000~6500円桜文鳥の柄で色が全体的に薄茶色の可愛いシナモンカラー。
メラニン色素が欠落しているためで、
眼が赤っぽく直射日光は苦手な種類。
シルバー文鳥約5000~8000円桜文鳥の柄で色が全体的に薄い銀灰色で美しい種類。
シナモン同様に直射日光は避けましょう。

なぜシナモン文鳥やシルバー文鳥だけが
値段が違うのかというと、これは
希少度が高く流通も少ないためです

ちなみにこちらはとっても仲良しな
白文鳥とシルバー文鳥のペア動画で、
確かに美しい羽の色合いが魅力的ですね~!

シナモンやシルバーは最近特に
人気が高い種類なので積極的に入荷しようと
しているお店も多いように思いますので、
もし希望があれば問合わせてみましょう

しかし、値段の違いによって雛の
健康度や寿命にも違いがあるという話を
聞いたことがある人も中には
いるのではないでしょうか?

Sponsored Links

文鳥の値段に寿命が関係あるって本当?

値段が高ければ丈夫で長生きする!と
勘違いする方もいますが、
実は値段=丈夫さとは限りません

現に、希少度が低く価格帯も低めの桜文鳥は
一番ノーマルに近い種類なので丈夫です。

また先述したように、春や秋は文鳥の
繁殖シーズンなので安くなる傾向がありながら
雛も健康的で元気な子が多いといわれています

逆にシーズン外の夏や冬といった
親鳥にとって過酷な環境で生まれた子は、
無理して産卵した場合も多く
身体が弱い子が多い傾向があるとか…

こういった点でも、値段で判断せずに
適切な季節に生まれた子をお迎えした方が
これからの文鳥ライフのためにも
良いかもしれませんね。

文鳥の寿命についてもっと詳しく知りたい方は
こちらの記事もぜひご覧ください^^

⇒文鳥の寿命の平均は?症状で最期の予兆はわかるの?

さて、文鳥の雛の値段も大事ですが、
もっと重要なのは飼育費についてです!

文鳥の1ヶ月にかかる費用は?

文鳥を飼い始めたら継続的な費用も
かかるということを念頭において
購入を検討しなければなりません。

文鳥の場合、1ヶ月あたりの費用は
どのくらいかかるかご存知ですか?

季節や数にもよりますが、
一般的なシードでペットヒータ―有りと考えると
1000円に満たないくらいかもしれません

しかしあくまでエサ代とヒーターの
電気代だけなので、イレギュラーな
病気やケガがあると治療費がかかってきます

病気やケガによっては、通院や
手術といった高額な治療も必要になるので
あらかじめ余裕をもっておきましょうね。

また、エサも普通のシードだけではなく
ボレー粉や青菜などの副食をあげたり
ペレットに切り替えたりすると
また費用も変わってきます

とはいえ他のペットに比べると
手軽で費用も低めなので飼いやすいのが
文鳥の魅力の一つでもあります。

命を育てるということを忘れずに、
少なからず飼育費用に余裕をもって
飼ってあげましょうね

まとめ

ここまで文鳥の雛の値段について、
詳しく解説してきましたが、
参考になりましたでしょうか?

文鳥の雛の値段については、以下のことを
覚えておけばOKです!

  • 春や秋は入荷数が多く安くなる場合がある
  • 文鳥の中でもシナモン、シルバーは高い
  • 丈夫かどうかは値段ではなく季節によって変わる場合がある
  • 春や秋が元気な子が多い傾向がある

今すぐ飼いたい!という気持ちも分かりますが、
こういった点を踏まえて時期を見直してみるのも
費用的にも健康度的にも良い場合があります

命に対して値段をつけるのは
なかなか難しいことですが、
こうした違いとその理由があるということは
是非知っておきましょう

そして文鳥の雛を飼い始めた方は、
こちらの記事で雛換羽とその注意点も
ちゃんと勉強しておきましょうね!

⇒文鳥の雛の換羽!水浴びの注意点&時期で変わる対処法!

今回の記事が、元気でかわいい文鳥ちゃんとの
ステキな出会いに繋がることを祈っています!


飼い方



佐川をフォローする
とりさんといっしょ