インコのおもちゃ!事故になりやすい危険遊具ランキングTOP3!

インコのストレスや運動不足の解消にも
役立つのがおもちゃでもありますが、
なかには事故になる危険のあるものがあります。

インコが楽しく遊べると思って買ったのに、
おもちゃが原因で事故になってしまうのは
悲しいですよね。

そこで今回は買うのを避けたい
危険なおもちゃのTOP3を紹介。

これからどんなおもちゃを買おうか
迷っている人も、
まずはこの記事を読んでどんなものが
危険なのか把握しておくのがおすすめです。


インコが事故での死亡率が最も高い

インコが不慮の事故で亡くなってしまうことは
飼い主が気をつけていても稀にあります。

そんな悲しい事故の中でも、
最も死亡率が高いのがこのおもちゃでの
事故
でもあります。

鳥用のおもちゃとして販売されているものも、
ちょっとした接合部分の隙間や、
小さな部品など
によって
悲しい事故が起きることがあるのです。

インコの寿命は長い種で
約50年程生きるものもいます。
まずはこちらの記事でインコの寿命を
確認してみてください。
⇒インコの寿命は長いって本当?50年生きる種類&ギネス記録について

事故になりやすい危険遊具ランキングTOP3!

インコのおもちゃの中には
私たちに人間には
何でもないものでも、
小さな体のインコにとっては
危険な部分はたくさんあります。

つぎの章から特に気をつけたい
事故になりやすいおもちゃランキング
TOP3を紹介していきましょう。

Sponsored Links

1位:縄など締まる可能性が高いもの

事故になりやすいおもちゃのランキング
第1位が縄やロープなどが
首などに引っかかり事故になるケース
です。

小さなマスコットに付いている
輪になった部分やおもちゃの縄部分が、
インコの頭にすっぽり入ってしまい、
驚いたインコが慌てて
絡まってしまうことがあります。

常に飼い主が観察できる環境で、
すぐに対応できれば大事故にならずに
済む場合もありますが、
留守中などに起こってしまった場合、
最悪亡くなってしまう
こともあります。

インコは羽で覆われているで、
そんな小さな輪の中に入りそうにないと
思われがちですが、
さわってみると意外と首は細いのです。

また細い脚が輪の中に入ってしまい、
絡まって事故になることもあります。

ちょっとしたところでも
体が入ってしまうことがあるので、
ロープや縄などが
小さな輪になっていたりする場合は、
取り除いて与える
のが安全です。

2位:コードなどがある電気系おもちゃ

事故になりやすいおもちゃのランキング
第2位は、電気系のおもちゃによる感電です。

インコのクチバシは先が鋭くなっていて、
本気で咬まれると出血するほどです。

咬む力は中型インコから大型になるほど強く、
なんでも齧って破壊してしまうことも。

好奇心旺盛なインコは
何でもおもちゃにすることがあり、
保温のためのヒーターなどの電気コードも
遊びの対象となってしまう
ことがあります。

電気コードを齧ってしまうと心配なのが
感電による事故です。

電気系のおもちゃは
特にこの危険性が高いので、
与えないようにするか、
危険がないように注意深く
観察してあげる必要があります。

また中型、大型インコは噛む力も強く、
遊んでいるうちにおもちゃが壊れて
電気コードが見えてきてしまうことも。

壊れたおもちゃは感電の可能性のほか、
破片を誤飲してしまうこともあるので、
すぐに遊ばせるのを中止しましょう。

3位:飲みこめるほど小さなボール類

事故になりやすいおもちゃのランキング
第3位は、小さなボール類です。

販売されているおもちゃには、
インコの興味をひくために
小さなビーズやボールなどが使われています。

この小さな部品はインコが
おもちゃで遊んでいるうちに
取れてしまうことがあり、
誤飲事故が起こることがあるのです。

また鈴などの金属には
鉛が含まれていることがあります。

鉛がインコの体内に入ると中毒症状を起こし、
最悪の場合、死んでしまうことがあるため、
インコを飼っている人は気をつけたい
金属類でもあるのです。

ボールやビーズなどを飲み込んでしまった場合、
喉に詰まらせて窒息してしまうこともあるので、
口に入ってしまいそうなボールや、
鈴のついたおもちゃなどは
与えないようにしてくださいね。

まとめ

インコが事故になりやすいおもちゃ
TOP3のおさらいですが、

第1位:縄など締まる可能性が高いもの
第2位:コードなどがある電気系おもちゃ
第3位:飲みこめるほど小さなボール類

でした。

はじめてインコを飼育する人は、
何気なく鳥用のおもちゃを
買い与えてしまいがちですが、
中にはインコにとって危険なものも
たくさんあります。

安全で楽しく遊んでもらうには、
飼い主の私たちがきちんと判断して、
危険だと思ったおもちゃは
撤去してしまうことが大切です。

インコのおもちゃ選びに迷ったら、
こちらの記事も参考にしてみるのがおすすめです。
⇒インコのおもちゃおすすめ10選!通販や100均などから紹介!

悲しい事故を防ぐためにも、
飼い主でもある私たちが安全なおもちゃを
見つけてあげる
ようにしましょう。


ランキング飼育用品



藤岡 ゆきこをフォローする
とりさんといっしょ