鶏の餌は野菜を与えて大丈夫?食べさせても問題ない食べ物の種類!

鶏の餌というと一般的には、
最初からバランス良く配合されている
鶏用の餌を与えていることが多いと思います

それとは別に野菜も与えている飼い主さんを
見たり聞いたりしたことはありませんか?

でも今まであげたことないし
野菜も食べさせてみたいけど
本当に大丈夫なの?

と思う方も少なくないはずです。

実際にインコなどの小鳥のペットも
通常のシードの他にも副菜として
野菜をあげることが多いです。

しかし、餌のあげ方を間違うと
かえって健康を害して命を落とす危険も
あるので注意が必要なんです。

そこで今回は、鶏の餌として
あげても問題ない野菜などと
あげてはいけない餌をご紹介します!


鶏の餌は野菜を与えても大丈夫って本当なの?

早速、鶏が野菜を食べても本当に良いのか?
という疑問について見ていきましょう。

まず答えとしては、
副食として与える分には問題はありません!

通常の鶏用フードのみを与えるよりも、
野菜からしか得られない栄養素がとれる
良い餌といえます

また、通常の餌とは違う味や食感
を楽しめるので鶏にとっては
ストレス解消にもつながります

鶏も好んで食べますので、
たまのご褒美の感覚であげてみても
良いかもしれませんね。

それでは、野菜を含めて
ほかにどんな餌を与えていいのか
あわせて見ていきましょう♪

鶏に与えても問題ない3つの餌について紹介!

前章では野菜を与えても問題ない!
と述べましたが、他にも与えていい餌は
どんなものがあるんでしょうか?

野菜を与える際の注意も含めて
詳しくご紹介いたします!

1.野菜

特に鶏が好む野菜として、
青菜や白菜、大根葉、きゅうりなど
といったものがあります

こちらの動画でもみんな
大根の葉っぱを夢中で食べていて
野菜が好きなことが分かりますね♪

野菜を与える上で注意しないといけないのは
以下のものは鶏の体に良くないので
控えた方が良いということです。

  • ネギ(タマネギ)、ニンニク、ニラ
  • ジャガイモ
  • ほうれん草
  • キャベツ
  • アボカド
  • モロヘイヤ
  • ショウガ、ゴボウ

なぜかというと、これらはそれぞれ
有毒の成分が含まれていたり内臓へ
負荷のかかる成分を含んでいるためです

中には死に至るほど有毒のものもあるので
こういった野菜は避けましょう。

2.米

飼い主さんの中には、配合飼料の他に
くず米といって訳アリで安い玄米を一緒に
混ぜてあげる方もいます

これも鶏の体にとっても良い餌で、
特に寒い冬場はこうした炭水化物を食べて
体を温める効果もあります

ただし、放し飼いしていなかったり
運動が少ない子だと高カロリーなので
食べすぎに注意しましょう(笑)

3.穀物

穀物というと前述したお米も含まれますが
鶏に与えても良い食べ物といえます。

配合飼料の中にははじめから玄米や
麦が含まれているものもあります

こうした穀物を与えることで、卵の黄身が
濃く美味しいものになるともいわれていて
平飼いの採卵鶏はよく食べているようです。

カロリーが高く鶏の食いつきも良いですが、
やはりお米と同様に運動しない子には
過度に上げて肥満にならないよう
気を付けて与えましょうね。

さて、前に述べたように野菜の中でも
食べてはいけないものがありましたが、
他にどういったものがNGか知っていますか?

Sponsored Links

鶏の餌で与えてはいけない3つのNGな食べ物は?

野菜の中でNGだったものは有毒な成分が
含まれているためでしたが、
成分の他にも与えてはいけない理由はあります

それは、「そのう」といわれる食べたものを
一時的に蓄える消化器官があるためです。

この、そのうが炎症を起こしてしまう
「そのう炎」になってしまう原因になる
食べ物は与えてはいけませんので
どういったものがあるのか見ていきましょう。

1.炊飯したご飯

米が与えても大丈夫な食べ物だったので
一見問題なさそうですが、
実は“炊飯したご飯”はNGなんです

そのう炎とは、そのうに貯めた餌が
消化が間に合わず腐敗して細菌が繁殖
するために起こります。

お米は炊くと水気を含んで温かくなりますので
細菌が繁殖しやすい環境になってしまうため
そのう炎になりやすい餌といえます

2.茹でた麺類

続いては茹でた麺類です。

こちらも炊いたご飯同様に、
水分を多く含んで膨張していますので
そのうに溜まったまま細菌が繁殖
してしまいやすい食べ物です。

穀物が原料なので鶏も好んで食べますが
あげないようにしましょうね。

3.パン

炊いたご飯や麺類とは違って
パンは水分がなさそうなので
問題ないように思えますが
控えた方が良いんです。

パンはなぜ悪いかというと、
加熱したデンプン質を含んでいるため
胃酸が弱い鳥類には消化しきれず
そのう炎につながるためです。

そのう炎になってしまうと食欲不振になり
衰弱して対処が遅れると命を落とすことも
ある危険な病気なので気を付けましょう

まとめ

ということで、鶏が食べても良い
野菜とその他食べてはいけない餌について
ご紹介してきました

人が普段口にする食べ物でも鶏にとっては
毒になりえるんですね。

大丈夫だろうと安易に与えてしまうと
取り返しのつかないことになってしまう
可能性も少なくありません…

また、食べても問題ないものでも
バランスに偏りがあっては逆効果ですので
配合飼料をメインに副食として
少しずつ与えた方が良いかもしれません

いろんな栄養をたくさん摂っていれば
産卵の時の体力も十分になって安心できますね。

もし愛鳥が元気に卵を生んだら
こちらの記事を読んでケアしてあげましょう!

⇒鶏の飼育で卵が生まれたら?産卵したときに知っておきたい注意点!

鶏も人と同じようにバランスの良い食事が
健康につながりますので、
これを機に是非野菜やお米なども
あげてみてくださいね♪




佐川をフォローする
とりさんといっしょ