セキセイインコのルチノーにオスはいる?メスが多い理由はなぜ?

飼い主の話す言葉や効果音など、
様々な音マネをするのが得意なセキセイインコ。

体毛のカラーも色々あり、
見ているだけでも楽しいインコですが、
その中でも全身が黄色の羽で覆われ、
赤目がポイントのルチノーが人気
です。

でもルチノーと言われても
どういった特徴があるのか、
いまいちピンとこない人も
いるのではないでしょうか。

今回はこのルチノーの特徴や、
寿命など気になること
を、
わかりやすく紹介していきたいと思います。


セキセイインコのルチノーにはオスが少ない

セキセイインコは
他のインコより羽のカラー違いが
多いと言われている鳥でもあります。

一般的なセキセイインコは、
メインのカラーに黒や白などの
挿色が入ることが多いのですが、
ルチノーは全身が黄色く、
頭や頬に白い毛があるのが特徴
です。

ルチノーは人工的に作出されて種類で、
自然界には存在しないカラーでもあります。

またルチノーの子供を産ませるには、
オスの遺伝子が関係します。

メスがルチノーではない場合、
メスしか産まれず両親がルチノーの場合は、
オスメスの割合が半分になるのです。

これが他のセキセイインコよりも、
ルチノーはオスが少ないと言われている
要因でもあるのです。

ルチノーのオスメスを見分けるには

一般的なセキセイインコの
オスメスの見分け方ですが、
ろう膜と呼ばれる鼻の色で見分けます。

ですがルチノー種の場合は、
このろう膜の色の変化が少なく、
なかなか見分けがつかない
のが現状です。

オスの場合は幼鳥時と変わらずに、
ピンク色ですべすべしたろう膜をし、
メスは鼻の周りだけ白い輪ができるので、
ある程度の判断は可能です。

ルチノーのオスの特徴は?

ルチノーオスの特徴ですが、
一般的なセキセイインコと同様に、
おしゃべりがメスよりも得意なようです。

また発情期には食べたエサを吐き出す、
吐き戻しと呼ばれる行為をします。

この吐き戻しはオスがメスへの
求愛行動の一つとして行うもので、
ペアのインコがいない場合は、
飼い主さんや止まり木などに
吐き戻す行為が見られます。

アルビノとルチノーの違い

アルビノとルチノーは、
どちらも色素の突然変異種になります。

カラフルな羽を作り出す色素には、
メラニンとカロチンと呼ばれる、
色素の分量によって変わります。

アルビノ種はこのメラニンとカロチンの
2つの色素がない状態で羽は白く、
目は赤く見えるのが特徴です。

逆にルチノー種はメラニンはありますが、
カロチン色素は存在しているので、
全身が黄色い羽で覆われ赤目なのです。

ルチノーの寿命は短い?

ルチノーは寿命が短いと言われていますが、
実際にはノーマル種とあまり変わりません。

セキセイインコの平均的な寿命ですが、
約7年~10年と言われています。

ルチノーは色素が抜けた状態の種なので、
少し前まではノーマル種より
寿命が短いと言われてきました。

ですが最近はエサや保温などの
飼育環境がいいので大切に育てれば
昔よりも長生きしやすい環境
です。

もちろん病気にかかったりすれば、
寿命が短くなることもありますが、
それはノーマル種も同じと言えるでしょう。

ルチノーの価格は?

セキセイインコのルチノー種の
気になる価格ですが、
3000円~8000円前後で
販売されている
ようです。

ノーマルタイプのインコが
2000円~7000円前後ですので、
やはり少し高めの価格となるようです。

ルチノーの特徴は?

ルチノーは2つある色素のうち、
メラニンが抜けた状態なので、
全身が黄色羽で覆われているのが特徴です。

またノーマル種は瞳の色が黒ですが、
ルチノー種はメラニン色素がないので、
赤い目をしています。

Sponsored Links

ルチノーはみんな赤目なの?

ルチノー種は全身が黄色い羽と
赤目なのが特徴ですが、
そうでないルチノーもいるのでしょうか?

こちらの答えはNOです。

ルチノーは色素のメラニンが欠乏した状態で、
黒などの色素がない状態です。

そのため瞳の黒い色素も抜けて、
赤目になるのがルチノーの特徴
とも言えます。

ルチノーからアルビノは産まれる?

ルチノーとアルビノは、
見ためが全く異なりますが、
ルチノーからアルビノがペアになったとき、
それぞれの子が生まれることが
あるのでしょうか。

これはどちらも
産まれる可能性はありますが、
アルビノは劣性遺伝のため、
産まれる確率は
ルチノーよりも低め
です。

アルビノの性別の見分け方を知りたい人は、
こちらの記事を参考にしてください。
⇒セキセイインコのアルビノの性別の見分け方は?寿命や値段について

セキセイインコの中でもルチノーは弱い?

ルチノーやアルビノは、
ノーマルのセキセイインコにくらべると、
弱いと言われていますが、
一概に弱いと言い切れません。

ですが本来存在する
色素がない状態のため、
日光浴は直射日光ではなく、
カーテン越しなどで日光浴をさせるなど、
ノーマルよりも気を使う場面はあります。

ルチノーに限らず、
弱い個体というのは少なからずいます。

長く健康に暮らしてもらうためにも、
普段のお世話の中での健康チェックや、
定期的な病院での健康診断を行うことを
おすすめします。

セキセイインコの中でもルチノーはかわいい!

黒や白などの色も入った
カラフルなセキセイインコも
かわいいですが、
単色のルチノーもかわいいですね!

セキセイインコが好きな人の中でも、
珍しいルチノーは人気のようです。

セキセイインコのなかには、
ハルクインと呼ばれる種類もいます。
こちらの記事からチェックしてみてくださいね。
⇒セキセイインコのハルクインの性格は?特徴や性別の見分け方を解説!

ルチノーの飼い方は?他のインコと違う?

気になるルチノーの飼い方ですが、
ノーマルインコと違うのでしょうか?

基本的な飼い方は、
ノーマルのインコと一緒
です。

ルチノーは目がノーマルより弱いので、
日光浴をさせるときは直射日光ではなく、
カーテン越しなどで日光浴をさせましょう。

また気温が下がる季節は寒さ対策が必要です。
インコが快適に過ごせる温度でもある
20℃~28℃になるように
保温器具などでケージ内を
暖めてあげてくださいね。

まとめ

今回はセキセイインコのルチノー種について、
オスが少ない理由や価格、
飼い方
について紹介しました。

ルチノー種は見た目は違いますが、
基本的な飼い方はノーマル種と同じです。

ですが赤目のために太陽に弱く、
日光浴はカーテン越しなどで
させるのがおすすめです。

これからインコを飼おうと思っている人は、
ぜひ今回の記事を参考に、
セキセイインコのルチノー種も
候補に入れてみて
はいかがでしょうか。


生態



藤岡 ゆきこをフォローする
とりさんといっしょ